優生思想の本当の怖さって、私たちが警戒しすぎてもしきれないくらいに簡単に抱いてしまう、他者への「生産性」という基準だと思うんですよ。生産性という基準を生活に持ち込んだとき、人権は簡単に淘汰される。それが旧優生保護法であり、相模原事件の底にもある。